2015年8月1日土曜日

ミャンマー語の習得レベルを、どうやって分けようか考え中(初級?中級?上級?)

ミャンマー語を学びたいと思っている方にとって、
ウェブサイトなどで、習得レベルの詳細があると、イメージし易いですよね。

高田馬場ミャンマー語教室では、
初級I 簡単な挨拶と自己紹介ができる。基本文字の読み書きができる。
初級II 日常生活で簡単な会話ができる。促音や拗音の読み書きができる。
中級 ミャンマー国内を一人で旅行できる。特殊文字の読み書きができる。
ざっくりとこんな感じです。
そして会話中心のレッスンであること。
文語文法はいっさい教えないこと。(プライベートレッスンや上級クラスは除く)

最近は、上記3つのレベルでは、ざっくりしすぎている気がしてきました。
高田馬場に移ってきてもうすぐ2周年。
町田で始めてから3年。
そろそろ細分化してもいいのかなぁと考えています。

例えば、
ビギナー(初級I)挨拶と自己紹介。基本文法、疑問詞、否定形。基本文字の読み書き。
ベーシック(初級II)簡単な日常会話。修飾語や形容詞。促音拗音などの読み書き。
インターミディエイト(中級)日常会話。接続詞など。特殊文字の読み書き。
アドバンス(中上級)テレビの内容が理解できる。10行くらいの文章が読める。
エキスパート(上級)テレビニュースが理解できる。新聞が読める。

これに、
エキスプレス(簡単旅行会話)限定的な会話文を覚える。
ビジネス(ビジネス会話)敬語や正しいミャンマー語の習得。
キッズ(在日ミャンマー人子供向け)ミャンマーの児童向け教科書使用。

あくまで会話中心の教室なので、こんなかんじでいいのではないか、と思っています。
語学の学習となると、もう少しレベルを上げる必要はありますね。
日本語検定(N5〜N1)を見てみると、けっこうN5でもレベル高いですよね。

そういえば、8月末にミャンマー語検定があるようですね。
サンプルを見ましたが…
このテスト誰が作ったの!?
テストはミャンマー人の先生が作ったと思いますが、
日本人の方が中心となって、ミャンマーで立ち上げたようですね。
それにしても、ちょっと難しすぎません???
先生方も首を傾げていました(笑)
それだけ、高田馬場ミャンマー語教室のレッスンは、
初歩の初歩レベルのレッスンをしているんだなぁと思いました。
中級以上のクラスで、M1のテストになんとか合格できるのではないでしょうか(笑)

とにかくミャンマー語学習熱が盛り上がると嬉しいです。

ニシガイト


今後も応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミャンマー語を学ぶなら
日本一人気の高田馬場ミャンマー語教室で!!

通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
無料体験レッスン&教室見学はいつでも受け付けています。

詳しくは下記ウェブサイトにて

http://ミャンマー語.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿